深谷市 埼玉県深谷市 エアコン点検・修理 深谷オートサービス

画像
埼玉県深谷市 エアコン点検・修理

埼玉県深谷市 エアコン点検・修理

 エアコンの仕組み


暖房の場合
暖房機能は、エンジンの熱を利用するので、燃料を使いません。

車のエンジンはエンジンをかけた後かなり高温になるため、ラジエーター冷却水を循環して放熱し、サーモスタットでエンジンの温度を一定に保っています。

暖房をつけた直後は、冷たい風が出ますがこれは異常ではありません。

エンジンが温ままれば自然と暖かい風が出てきます。



冷房の場合

冷房は、コンプレッサーで圧力をかけて圧縮した冷媒(エアコンガス)をコンデンサーに送り、エバポレーターに噴射されて一気に気化するときに、まわりの熱を奪う事で冷気が発生します。その冷気をブロワファンで風を車内に送ります。

車内の空気中の水分は、エバポレーターで凝縮されて水滴となるため、除湿されます。
エバポレーターを出た冷媒(エアコンガス)は、再びコンプレッサーに戻って圧縮され、循環することで冷房のサイクルが完成します。


 暖房が効かない場合と考えれる原因

サーモスタットの故障
サーモスタットが故障すると、冷却水が多くエンジンに流れて暖房が冷たかったり、逆にかなり熱い風がくることもあります。

暖房が効かないというトラブルの多くが、このサーモスタットの故障と言われています。


冷却水の減少
車の暖房はエンジンを冷やす機能を持つ冷却水の熱を利用したものになります。
その為、何らかの原因でこの冷却水の漏れなどが生じてしまった場合、
暖房の効きが悪くなってしまいます。

冷却水の減少は暖房の機能を低下させるだけでなく、オーバーヒートなどのトラブルにも繋がりますので、必ずチェックするようにしましょう。

 冷房が効かない場合と考えれる原因

エアコンガスの不足や漏れ
カーエアコンが冷える為の燃料でもある冷媒(エアコンガス)が不足していたり、漏れたりしていると、冷えない原因になります。
ガスを補充しても、どこからか漏れてしまっていると、すぐに冷えなくなってしまいます。

コンプレッサーの不具合
カーエアコンを作動させ、カチッという音の後コンプレッサーが動いているか確認します。

コンプレッサーは、エンジンに取り付けられた、直径20cmほどの丸い筒状のもので、ファンベルトで駆動する機械です。

ガス不足がコンプレッサーが動かない最大の原因ですが、ガスが充分なのにコンプレッサーが動かない場合、修理や交換が必要になります。

 修理までの流れ

エアコンを使っていて故障かな?

いつもと様子が違うと思いましたらフカヤオートに電話かお問い合わせフォームにてお問い合わせください。


お問い合わせ後お車の持ち込み修理箇所の決定をいたします。その後お見積もり作業開始となります

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
048-571-4603
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!