深谷市 車検と12ヶ月点検(定期点検)の違い 深谷オートサービス

画像
車検と12ヶ月点検(定期点検)の違い

  • HOME
  • 車検
  • 車検と12ヶ月点検(定期点検)の違い

title

 車検をする意味

今の車検制度では整備工場で整備しなくても検査場に持ち込んで目視、テスター等で検査して合格であれば車検証が発行されます。

車検を安く済ませたいからという理由だけでユーザー車検を選ぶ方もいらっしゃいますが何もせずして検査場で合格すればいいのでしょうか? 

          
これで本当に安心して車に乗る事が出来ますか?何かあってからあの時ちゃんと点検してれば良かったと思っても遅いのです。


当社では、国が定めた点検項目に過去の経験則から得た当社独自の確認項目をプラスして確実な車検品質を維持し、かつ、お客様のニーズに合わせた内容で整備を行いますので、次回の点検、車検まで安心してご使用頂くことできます。


 12ヶ月定期点検

安全性や公害防止に係わる諸項目が定められた基準(保安基準)に合っているかを検査するのが「車検」であるのに対して、「定期点検(定期点検整備)」は、故障やトラブルが起こらないように事前に点検・整備をします。

車検は検査時に基準に適合していれば合格ですが、それはあくまでも検査時点のこと。合格したからといって、次の車検までの安全性が保証されているわけではありません。

定期点検は「予防整備」ともいわれており、不具合箇所や不具合になるおそれがある箇所を事前に点検・整備し、故障を未然に防ぐために行います。つまり、日常の安全走行や公害防止を確かなものとするために実施するものです。 日頃からきちんと整備されているクルマは、走行性能や安全性が確保されるばかりではなく、本来の燃費性能や環境性能が維持され、セーフティードライブやエコドライブにつながります。


車の保守管理はユーザーの責任であり、安全に走行できる状態整備しておくことはドライバーに求められる最低限の義務なのです。


車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!